旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 一日読書

<<   作成日時 : 2011/07/16 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

凍れる河を超えて 「 副書名 それでも私は生きていく 」
著者名 張 仁淑著 辺 真一, 李 聖男訳

内容 党と国に忠誠を誓っていた「社会主義朝鮮」の模範生とその家族は、
なぜ祖国を捨てざるを得なかったのか。
「生きる」とは、「幸福」とは、「家族」とは、そして「国家」とは何かを問いかける。

北朝鮮のことをよくわかってないだけに、
どうコメントしていいのかわかりませんが、
途中でやめられなくなってしまい、
あさからずっと聴いてました。
ハッピーハッピー



























読書力 (岩波新書)
岩波書店
斎藤 孝

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 読書力 (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一日読書 旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる