お菓子博覧会

4月21日から、
三重県伊勢市で行われている「お菓子博覧会」に行ってきました。
お菓子のブースに入るまでに40分かかりました。
そして各県の棚を順に回り、
食べたことのないお菓子をいくつか買ってきましたが、
まんじゅうの中に、クリームかあんこの入ったものが多くて、
どれも似たようなものばかりでしたが、
息子の買った「宮城県のふわふわ卵」が一番おいしかった。
そして会場のチケットと引き換えにもらった抽選券が、
3人ともハズレになっていて、
復刻版の赤福の購入ができなかった。
抽選券が当たらないと買うことのできない、復刻版赤福や、
紅白赤福もその一つでした。
どれも今回限りの商品だそうで、
普段食べてる赤服とはびみょうに味が違っておいしいそうです。
それにしてもすごい行列でした。

そしてお菓子の創作ブースを見ましたが、
視力の弱い私にはあまりわかりませんでしたが、
各県ごとに、有名なお菓子が展示されていて、
その見事な光景に、どなたもカメラを向けていました。

そのイベントも明日が最終日となります。
けさもすごい雨と風で嵐のようでしたが、
それでもけさも行列になってると、テレビ放映もやってましたが、
むすこも運転しながらちらっと会場を見て、
こんな日でも行列になってると言われ、
おもわず笑ってしまいました。

そしてちょっとがっかりだったのは、
岐阜県のお菓子の売れ行きがあまりよくなかったことです。
北海道がトップでした。
人の声からは、目的のお菓子が買えないという声も聞こえてきて、
一緒に行った姪っ子もその一人でした。
人気商品は、午前中に売り切れてしまうそうです。

またレジも行列していて、20分ほどかかりました。
そんなこんなで会場を出てホットしましたが、
それにしてもすごい人でした。

































この記事へのコメント

この記事へのトラックバック