化粧メイクについて

急に冬の寒さになってきましたが、
みなさんいかがお過ごしですか。

今日は、岐阜大学のKさんを講師に向かえ、
化粧メイクについてお話していただいたり、
実際にパックの仕方を教えていただいて、
昔やっていたパックとは違って、
簡単にできることを知り、とても参考になりました。

パック用の紙も、百金に売っているとのことで、
一度水に浸して化粧水をふりかけ、
シワを作らないように顔に張りつけます。
15分ほどやって紙をはがし、
一度水で軽く洗って、手の指3本くらいの幅にたたんで、
下から上に向かって軽くたたきながら水分を肌にしみこませます。

これだけのことですが、肌のつやがずいぶん違ってきます。
時間のあるときに簡単にできるパックなので、
よかったらみなさんも参考にしてください。

後は化粧の仕方について、
視覚障害者のみなさんは、
どんなふうに化粧をするのか、
またどんな化粧品を選んで使っているのかなど、
あれこれお話したりして、
楽しいひと時でした。

ラジオの話題から、偶然知ってる人の名前が出てきて、
これもまた化粧から離れた話で盛り上がりました。
参加されたみなさん、お疲れさまでした。
そして講師のKさん、ありがとうございました。













この記事へのコメント

simatoki
2017年11月30日 22:42
ハッピーハッピーさん、お久しぶりです。
しばらく更新されてなかったので、忙しいのかなと思っていました。
お元気そうでよかったです。
これから乾燥する季節。パックは効果ありそうですね。
2017年12月02日 10:26
ごぶさたしてます simatokiさん。
コメントありがとうございました。
化粧らしいことを普段やってないので、
せめて肌だけでも大切に守っていかないとおもい、
テレビを見ながらパックを続けてます。
若い頃にやっていたクリームタイプのものではないので、
シットリ感が今一つですが、
お金をかけるかかけないかの違いは大きいです笑い。
ただ簡単にできるのがうれしいです。




この記事へのトラックバック